Popular MailChecker(メール誤送信防止ツール)

Popular MailCheckerは、メールサーバーとメールソフトに依存することなく、 端末にインストールしてすぐ利用可能なメール誤送信防止ツールです。 送信メールの自動監視及び誤送信防止、送信メールの閲覧、 添付ファイルの自動圧縮・暗号化、重要メール注意喚起、 ポリシーによる上司・関係者への同報等の機能を提供します。

メールチェッカー主な機能

メール送信直後に、Mail Checker確認画面が起動し、送信内容の確認要求を行う。

添付ファイルの圧縮・暗号化(ZIPファイル化)が、ワンクリックで実現できる。

To/CCの外部ドメイン制限数を超えたときに警告を表示します。

運用ルールに則った、上司・関係者へのCC/BCC設定が可能。

アラート機能(有償オプション)

メールチェッカーはユーザの送信先(To/Cc/Bcc)の組合せ履歴を管理し、履歴データと照合し、 送信先の組合せについて安全性を判定し、アラート欄に提示できる

上長確認機能(有償オプション)

社外へのメール送信時、所属長の承認を必要とさせる。 社外発信時、所属長及び代理決裁者に転送され、承認者の承認後に、発信される。 承認者の承認結果は、発信者に通知される。否決時も結果を通知する。
68613

MailChecker   製品概要


  Popular MailCheckerは、メールサーバーとメールソフトに依存することなく、端末にインストールしてすぐ利用可能なメール誤送信防止ツールです。 送信メールの自動監視及び誤送信防止、送信メールの閲覧、添付ファイルの自動圧縮・暗号化、重要メール注意喚起、 ポリシーによる上司・関係者への同報等の機能を提供します。

Mail Checker 動作イメージ

主な機能


 ◆ メール送信直後に、Mail Checker確認画面が起動し、
   送信内容の確認要求を行う。

  ・件名、TO、CC、BCC、添付ファイル、警告文字等、全てのチェックがなされるまで
   送信が保留される。
  ・Mail Checker 上で、複数の未送信メールを保留でき、保留メールを切り替えて表示し、
   相互の関連性の確認等、実送信前の再チェックが可能。

 ◆ 添付ファイルの圧縮・暗号化(ZIPファイル化)が、ワンクリックで実現できる。

  ・事前に設定すれば、総ての添付ファイルは自動的に圧縮・暗号化される。
  ・各社のセキュリティポリシーに則った、圧縮・暗号化ルールが設定できる 。
  ・複数の添付ファイルは1つの圧縮ファイルに収められ、ファイル名の変更も可能。

 ◆ To/CCの外部ドメイン制限数

  ・メールニュース等の配信で一般的となっている、BCC機能を利用した同報メールで、
   間違ってTO/CCにセットし個人情報漏洩事件事故となるケースを防ぐために、新たに追加された機能です。
   TO/CC上にセットされる外部ドメインのメールアドレスの制限数を事前にセットし、制限数を超えたときに
   警告を表示します。

 ◆ 運用ルールに則った、上司・関係者へのCC/BCC設定が可能。

  ・送信先ドメイン単位に、同報者の自動追加を行うためのCC/BCC設定が可能。

 ◆ アラート機能(有償オプション)

  ・メールチェッカーはユーザの送信先(To/Cc/Bcc)の組合せ履歴を管理し、履歴データと照合し、
   送信先の組合せについて安全性を判定し、アラート欄に提示できる。

導入メリット


 ◆ メール送信に伴うケアレスミスを防止:

  ・TO、CC、BCC 送信先メールアドレスの入力・選択ミス
  ・添付ファイルの添付漏れ、添付間違い、暗号化忘れ
  ・BCCを利用した大量同報メールでの操作ミス(誤ってTO/CCにセットし送信)
  ・作成中のメールの送信、件名未入力での送信

 ◆ 手軽で簡潔な防止策: (PCベース、導入に伴う負荷も軽微)

  ・既存のPCにインストールし、なんら設定を行うことなく、即時に利用可能
  ・既存システム環境前提で、新たなハードウェア・ネットワーク投資は不要
  ・社外とのメール連携の多い部門から導入し、順次利用拡大がはかれる

 ◆ 既存のメールソフトが総て対象:

  ・標準メールサーバー( SMTP )であれば、総てのメールソフトが対象

 ※ 稼動確認済メーラー:
   Outlook2007 SP2、Outlook2003 SP3、Outlook Express 6.0、Windows Mail、Windows Live Mail、
   Becky! Ver.2.50.07 日本語版、Shuriken 2009 Ver.9.0.1.7、Thunderbird Ver.2.0.0.22、
   秀丸メール Ver.5.15、Eudora Ver.7Jrev1.0r、AL-Mail32 Ver.1.13a、Opera Ver.10.0、
   EdMax Ver.5.17、Sylpheed Ver. 2.7.1、Winbiff Ver.2.51 PL2
   ※Webメールにはご利用いただけません。

特記事項


  ・MAPIモードでは、SMTP、Exchange Server、IMAP、HTTPの接続プロトコルが利用可能です。
  ・MAPIモードでは、ウィルス対策ソフトおよびSSL等の暗号化による制限はありません。
  ・SMTPポートモードでは、SSL等暗号化されたメールは利用できません。
  ・SMTPポートモードでは、上記動作確認済み以外の環境は動作保証できません。
Copyright 2008-2010 PopularSoft Co.,Ltd.All Rights Reserved.